油分をあたえるクリームは目元や口元の部分的に使用

スキンケア製品の中で、乳液止まりの方も多いです。
一応、洗顔、化粧水、乳液ときたら、次はクリームに行きます。
クリームの役目は、乳液と同じ肌に水分を逃がさないようにフタをすることなのですが、乳液ダでは十分ではない場合に使います。
フタをする乳液とクリームの大きな違いは、油分にあります。
肌にもっと潤いが欲しいと言うときのクリームの存在ですが、顔全部につけるとトラブルになる場合もあります。
これは、やはり油分が多いせいで、頬やTゾーンにつけるとどうしても吹き出物ができてしまうという方も多いようです。
しかし、目の周りや口元は乾いてしまうと言う混合肌のような場合、部分的なクリーム使いをオススメします。
乳液は全部につけますが、クリームは気になる部分にだけ少しつけることで、顔全体の潤いをキープすることができます。
クリームを使うコツとしては、その前にしっかりと水分を補給することです。
要するに、化粧水をたっぷりと付けた上に、乳液とクリームになります。
油分が必要なところだけのピンポイントの方法を取る場合、顔に塗るのではなく、肌に置くということが一番良いことでしょう。
容器から出したものを付ける前に、かならず手の中で伸ばしたものを顔につけるようにしてください。
そうすることで、ワンランク上のスキンケアをすることができます。
このクリームのベタつきは?と疑問に思った時には、すぐに使用を中止してください。
そして、肌に合うものを選択するのは当然のことです。