セラミド

セラミド配合のスキンケアという言葉を耳にすると思います。
セラミドは、角質層に多く含まれていて、肌細胞間の中で、水分と油分を包み込む存在とされています。
細胞と細胞の間に水分と油分ということは、表皮に表れるのは、潤いのある弾力のある肌ということになります。
角質細胞は何層にもなっていますから、そこに細かく入り込むセラミドは、肌に絶対に欠かせないものだと言われています。
量的には、細胞間にある成分の資質の50%を占めると言われています。
セラミドがあることで、潤いの度合いが変わってきます。
自分自身のもつ量が少なくなってしまうのが致命的なことになりますから、スキンケア製品もセラミドは必要です。
高齢者になることで、カサカサ肌が極端に増えるのも、このセラミドが不足するからです。
セラミドが少なくなると、肌のバリア機能が低下し、水分保持ができなくなってしまいます。
高齢者でなくとも、アトピー性皮膚炎なども、このセラミド不足が指摘されていますし、乾燥肌、敏感肌の方も意識して摂った方が良い成分になります。
又、セラミドは、コラーゲンの安定化をはかってくれることから、保湿効果を上げる事になります。
何もしていないと絶対数が少なくなるセラミドは、必ず補給を考えたほうが良い成分になります。
スキンケアはもちろんですが、食べ物からも補給で、大豆、小麦、ヨーグルト、ほうれん草などには天然の物が多く含まれています。
その他、サプリメントなども豊富に出回っています。