コラーゲン

コラーゲン。
この言葉を聞くだけで、肌がプルプル、美肌の条件とも言えるものと思いますが、確かに人間の体にはたくさんのコラーゲンが存在しています。
元の正体は、タンパク質で体を作っていると言っても過言ではありません。
スキンケアなどでも、コラーゲンは絶対不可欠の存在ですが、どこに存在しているのか?というと、真皮部分。
普段触れない、表皮の下の、もっと下の部分にあります。
いっしょに存在するのは、これ又よく耳にするヒアルロン酸とエラスチンです。
表皮は、外敵から肌を守ることになります。
実際に肌ができるのは、真皮部分で基底層に送る肌の元を製造しています。
真皮の大部分がコラーゲンになっていて、そのコラーゲン同士を結んでいるのがエラスチン、その間をさいの目のようにヒアルロン酸が埋めています。
タンパク質の倉庫として、同時に水分も十分たたえている場所として、真皮の重要な働きを担っています。
このコラーゲンが少なくなると、歪が出て、シワの原因に、水分不足になってしまうわけで、日々スキンケアでのコラーゲン補給が大切になってきます。
最近では、口から入れるコラーゲンやサプリメントも多く出回っています。
なぜこんなことをしなくてはならないかというと、人間の体は年とともにコラーゲンが減少すると言われています。
ですから、特に意識をして摂ることで、シワにならないと言われています。
美容面だけではなく、全身の臓器でも必要な成分ですから、少しの量の摂取ですと、どうしても体の機能に取られてしまい、肌に回らないというのが現状。
ですから、年齢を感じたら、コラーゲン補給が絶対に必要なのです。
肌のハリが確実に変わってきます。