タンパク質は肌のもと!お肉や魚も毎日食べる

肌は何でできているの?
子供に聞かれたら何と答えますか?
正解はたんばく質です。
何かの機会があれば、食べ物が何の栄養になるかを確認していただきたいのですが、たんばく質は、肉、魚、大豆などです。
これが日本で食べることが多いたんばく質になります。
ですから、肌を健康にしたいときには、これらのものを毎日食べることか大切です。
しかし、問題はその食べ方です。
この代表的な食べ物のうち、どんな食べ方もOKというのが、大豆です。
とりあえず野菜でありながらたんばく質が豊富、煮ても焼いてもOKの食材です。
日本人ならでは食べ方で、確実に毎日摂ることができるたんばく質です。
特に女性には、永遠に食べてほしいエッセンスも豊富に含まれています。
その次に、魚です。
煮魚、焼き魚、鍋などは文句なく満点に近いたんばく質ですが、揚げ物に関しては、食べ過ぎ注意のイエローカードです。
肉が好きという方は多いと思います。
もちろん良質のたんばく質ですが、調理法によっては、余計な脂質の摂り過ぎてしまいますから注意をしてください。
時にはレッドカードにもなってしまうという、両極端のたんばく質の持ち主です。
肉からのタンパク質を摂る場合には、脂質を余計に摂らないように、ご飯をモリモリおかわりするような味付けにしないようにすることです。
そして、肉のタンパク質が一番理想的で取れる方法は、炭火の焼肉です。
程よく脂質も落ちて、タンパク質補給には持って来いです。
もちろん豊富な野菜とともに、少しの白米で…、の条件ですが。