6時間の睡眠と規則的な生活が美肌の秘訣

美肌には栄養とともに睡眠が必要です。
睡眠は生きていく上で絶対に必要なものですが、肌に関してもそう。
特に寝不足が続いた肌はとんでもなくパニック状態に陷るといっても良いでしょう。
大人でも一日6時間の“質の良い”睡眠が理想とされています。
これは、ターンオーバーと深く関連するのですが、ターンオーバーとは新陳代謝のことを言います。
睡眠は体内のメンテナンス時間と、老廃物の排出と新生細胞ができる時です。
それが、完全に熟睡した人間の体にだけ、成長ホルモンの分泌とともに、ターンオーバーを順調に行うことになっています。
そして、質の良い睡眠というのは、グッスリ眠ることですが、これは昼間に盛んに価値道をした交感神経を睡眠時にしっかりと副交感神経と交替させることから始まります。
それには、朝起きて夜寝るという規則正しい生活と1日3食の食事が大切になってきます。
昼間の活動いかんでは、熟睡できない、ターンオーバーが順調にいかない、肌トラブルが多いということになり、美肌には程遠い事になってしまうわけです。
寝れば良いというものではないですし、食べれば良いわけでもなく、肌に良い物をバランスよく摂り、なおかつ1日6時間以上の睡眠が不可欠になります。
もっと言うと、熟睡時間は午後10時から午前2時が理想です。
なぜなら、この時間が成長ホルモンのピークと言われています。
ですから、ここの時間はしっかり眠りについていることが、美肌を作ると思ってください。