適度な運動は成長ホルモンの分泌を助け肌代謝もアップ

運動は美肌づくりに欠かせないことです。
一番の効果は新陳代謝を良くすることですが、ターンオーバーにより、新生の肌が生まれやすく、古い肌の排出を促すと言う天然の美肌作用に絶大なる効果があります。
運動をすると、それだけで心肺機能が高まりますが、体内でのエネルギー代謝がよくなり、特に酸素のめぐりが順調になります。
そのことは、皮膚の細胞に栄養を運びますし、発汗することで、確実に毛穴から汗とともに老廃物を排出することになります。
これだけみても、運動がいかに肌に良いことがわかります。
しかし、効果はまだまだあります。
ターンオーバーの主役の成長ホルモンを促進し、ストレスが解消されます。
かーっと動いて、さわやかな汗をかく、体はつかれていますから、グッスリと深い眠りに付くという運動の一連の動きは、ターンオーバーに良い条件が揃っています。
スッキリと目覚めた時には、ストレスもまあいいやと思うこともあり、活力が出てきます。
美肌がその時にできたと感じることができる瞬間です。
このストレスの解消は、脳の中でエンドルフィンと言う物質を分泌するためで、運動をして体を使っていくうちに、脳の中である満足感ができると言われています。
その事自体、肌に良いということになります。
と言っても、過度の運動は反対に活性酸素のもとになります。
あくまでも個人的に気持ちの良い程度の運動が、美肌に良いと言われています。
肝心なのは、楽しむことと毎日続けられることでしょう。