クレンジング料は肌への刺激が少ないものを選ぼう

メイクを落とすときには、当然クレンジング料を使うと思いますが、どのようなものを使っていますか?
現在は、さまざまなクレンジング料が発売されていて、いろいろと選ぶことができます。
クレンジングとは、肌に付けた化粧品などを落とすことが目的です。
化粧品は手で触ってもなかなか落ちません。
こすったとしても、完全には落ちませんが、クレンジング料をおくと、ハラハラと溶けていくように化粧品が落ちていきます。
これは、どういうことかというと、油脂などできている化粧品が、クレンジング料で溶かすということが行われています。
ということは、肌の上で、油とクレンジング料が戦っていることになるわけですが、ここで問題が。
キレイに落とそうとゴシゴシしたり、クレンジング料そのものが強い反応のある物質が含まれているとしたら?
肌は当然荒れます。
肌にやさしいクレンジング料が良いのです。
現在お使いのクレンジング料で、化粧品は落ちたけれど、肌も突っ張るというようなことがあれば、肌に必要なものもいっしょに落としたと言えます。
現在は、いろいろな種類のクレンジング料のタイプがありますが、無添加、植物性由来の物ですと、クレンジング料あとの肌はしっとり落ち着いています。
刺激を感じることなく、チクチクすることもありません。
クレンジング料は、最初のスキンケアで化粧品を落とすことも大切ですが、いかに肌を傷めないか事の方がもっと重要になるということなのです。
その後のスキンケア、美肌に大きく影響を与えます。