正しい洗顔料の使用方法

洗顔料の使用は簡単です。
手にとって顔につけて洗うだけ…。
多分そうしている方は多いですが、もっと工夫をすることで、洗顔だけでも美肌に近づくことができます。
洗顔料ですが、あなたの肌に合っていますか?
それぞれのタイプがあり、オイリー、ドライの大きな2つのわけかたの中でも、敏感肌や混合肌など、肌にはタイプがあります。
アレルギーなどをお持ちの方は、特に気をつけてください。
肌に合っている洗顔料を手にして、その使用方法を良く確認してください。
泡タイプのもの、ジェルタイプのものなどがありますが、基本的に、最初に泡立ててくださいとか、手にとって伸ばしてくださいという場合は、それを忠実に行うことです。
そして、一回の使用料は厳守です。
少なすぎても多すぎてもNG。
顔に付けた時に、力は絶対に入れないこと。
顔の肌、洗顔料、手の指の3つの層になっていることを確認して、優しくマッサージ、香肌の上で軽くクルクルが基本です。
その時に、上を向い行うのがコツ。
液ダレもしませんし、シワ防止にもなります。
そして、十分に洗顔をしたのなら、すすぎですが、必ずゆるま湯で行なってください。
熱いお湯も冷たい水もダメです。
人肌程度のぬるま湯で、水がキレイになるまで徹底して洗ってください。
その後のタオルで顔を拭くのですが、ゴシゴシは厳禁。
水分を抑えるようにして、タオルを顔に当たるだけです。
以上で、洗顔の説明ですが、美肌になるというのは、洗顔の間に肌に強い刺激を与えずに汚れだけを落とすと言うことがポイントとなります。